新型コロナウィルスの感染拡大防止にあたりご確認ください
※当サイトに掲載している案件はリモート等各種対策がされている案件です。

ギークスジョブでは、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、現在実施している【個別説明会】【各種イベント・セミナー】【顧客企業様との商談打ち合わせ】について、一部を除き、オンライン対応を推奨させていただきます。
ユーザーの皆様、顧客企業様、当社社員の安全確保と、安定したサービスを継続的に提供させていただきたく、ご不便をおかけいたしますが、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

フリーランスのクラウドエンジニア需要は堅調。マイグレーションとDX加速で拍車

2023/01/25 TECH

フリーランスのクラウドエンジニア需要は堅調。マイグレーションとDX加速で拍車

データ共有や電子メールはもちろん、社内共有ツールや音楽動画配信サービスなど、クラウドを使ったサービスは一般的に普及し、私たちの仕事と生活になくてはならないインフラとなっています。このクラウド時代を支えているのが、AWSやMicrosoft Azureを筆頭とするパブリッククラウドを利用したシステムに携わるクラウドエンジニアの存在です。今回はITフリーランス市場でのクラウドエンジニアの需要と今後の見込みを整理し、フリーランスとしてよりよい条件で案件獲得する方法について考察していきます。

コロナ禍でますます上昇したクラウド需要。2026年には2.4倍の見込み

総務省が発表した「令和4年版情報通信白書」(※1)によると、2021年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は1兆5,879億円と、前年と比べて28.5%増加していることがわかりました。
さらに、IT専門調査会社IDC Japan 株式会社の調査(※2)によれば、翌年以降も右肩上がりの成長になると予想し、2021年~2026年の年間平均成長率は18.8%、2026年の市場規模は3兆7,586億円(2021年比約2.4倍)にまで拡大するだろうと発表しています。

コロナ禍でますます上昇したクラウド需要。2026年には2.4倍の見込みの画像

クラウドサービス急成長の要因の一つは、新型コロナウイルスの影響でリモートワークやオフィスの縮小が進んだことが挙げられます。オンプレミス環境からパブリッククラウドへ移行するクラウドマイグレーションを行うプロジェクトが、ウェブシステムから情報系システム、基幹システムなど多様な分野で広がりを見せています。
もうひとつの要因は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の導入を目指したクラウド活用です。企業のDX導入では特に2021年に先駆的な多数の実例ができたため、今後はこの事例を参考にして、導入に踏み切る企業が増えることが予想されます。
ギークスジョブの取り扱い案件でも、マイグレーションやDX関連案件でのクラウドエンジニアの募集案件が多く寄せられています。

パブリッククラウドは、AWS・Azure・GCPの大手3社に集中

ICT市場調査コンサルティングのMM総研が実施した「国内クラウドサービス需要動向調査(2022年6月時点)」(※3)によれば、国内のPaaS/IaaS市場で利用されているパブリッククラウドのうち、大手クラウド3社が際立って高いことがわかりました。
AWS(Amazon Web Services)、Azure(Microsoft Azure)、GCP(Google Cloud Platform)の順で多く利用されており、フリーランスのクラウドエンジニア案件募集においても比例しています。またこの調査においても、昨年と比較してクラウド利用率が一層高まったことが示され、クラウドエンジニアの需要拡大が見て取れます。

フリーランスのクラウドエンジニアは、クラウド製品ごとの専門性が求められる

フリーランスのクラウドエンジニアを募集する場合、クライアント企業は利用するパブリッククラウドにあった専門性を求めています。例えばAWSを利用したクラウド設計構築案件での募集では、同じくAWSを利用した設計構築の経験が求められています。そういった意味では、現在導入数が最も多いAWSの専門性を高めることが、案件獲得の一番の近道と言えます。
ただし全てのフリーランスクラウドエンジニアに、AWSを極めることをおすすめしているわけではありません。

AzureはWindows製品との相性が抜群だったり、GCPはデータ解析や機械学習という強みを持っていたりと、それぞれに特徴があります。まずは自分の得意分野や専門性を棚卸しして、どの製品の専門性を追求するのかを検討してみてください。ニッチでコアな専門性を強みとするフリーランスこそ、クライアントから高く評価されていることもまた事実です。
またクラウド関連のスキルには、AWS、Azure、GCP、それぞれに保有スキルを証明する資格制度があります。スキルチェンジをしたいとき、クラウドエンジニアとしての対応の幅を広げたいときには、資格取得も効果的です。実務経験に加えて保有資格も、クライアントへのアピール要素になっています。

フリーランスのクラウドエンジニア案件を探すなら、ギークスジョブへ

クラウド関連のフリーランス案件を探すなら、ITフリーランス専門エージェントに相談することをおすすめします。案件情報を多数保有するエージェントを活用することで、より希望に近い案件や報酬の高い案件に出会える効率が高くなるからです。
フリーランスエージェントにはそれぞれ特徴がありますが、特に需要が伸びているクラウド案件を探す場合には以下3点がクリアできているエージェントを選びましょう。

<クラウド関連のフリーランスエージェント選びのポイント>
1)クラウド関連の案件が豊富か
2)エージェントとしての提案力や交渉力があるか
3)案件紹介以外のサポートがあるか

1)クラウド関連の案件が豊富か

フリーランスエージェントによっては、取扱案件に偏りがある企業も少なくありません。全体の案件保有数が多くても、インフラ設計構築(特にクラウド環境)に関する案件が少なければ、マッチングは難しくなります。問い合わせをして紹介案件が豊富にあるか確認しましょう。

2)エージェントとしての提案力や交渉力があるか

今後もクラウド関連のプロジェクトは増えていくことが予想されていますが、こうした状況だからこそ市況を見据えた提案や交渉によって報酬アップを狙いたいものです。エージェントとクライアントとの関係性があることはもちろん、フリーランスの将来を考慮した提案ができるエージェントと、二人三脚の活動ができることが理想です。

3)案件紹介以外のサポートがあるか

フリーランスとして活動すると通常業務のほかに書類作成や確定申告など、さまざまな付帯業務が発生したり、社会保障に心配を覚えたりするでしょう。ギークスジョブのように、書類作成代行業務や福利厚生サポート制度などを展開しているエージェントであれば安心して通常業務に打ち込むことができます。本業以外の仕事量や生活に影響しますので、エージェントのサポート体制は注意したいポイントです。

ギークスジョブでは上記3点をしっかりカバーし、ITフリーランスの活躍を日々サポートしております。たしかな実績があるからこそ、クラウド関連案件での依頼が続々と寄せられています。より成長できる仕事内容を求めている方、より好条件の案件を探している方は、まずは無料登録をお待ちしております。理想の働き方が実現できるよう、案件探しから丁寧にサポートいたします。


▽ 無料登録(エントリー)はこちら
https://geechs-job.com/entry

まだフリーランスになることに迷いがある方へは、独立のご相談から承ります。これまでのご経歴やキャリアの目標をお伺いしながら、お一人おひとりに寄り添ったキャリアプランのご提案をいたします。


▽ 独立相談会への無料エントリーはこちら
東京:https://geechs-job.com/event/details/1
大阪:https://geechs-job.com/event/details/2
福岡:https://geechs-job.com/event/details/3
名古屋:https://geechs-job.com/event/details/189

※参考資料

(※1)総務省「令和4年版総務省情報白書 第3章 第6節 国内外におけるサービス・アプリケーションの動向」
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r04/pdf/n3600000.pdf
(※2)IDC Japan 株式会社「国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表」
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prJPJ48986422
(※3)MM総研「国内クラウドサービスの市場規模は3.5兆円に拡大」
https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=549

IT業界で最先端のGo案件が増加中[2022年]|ITフリーランスをサポートする【geechs job(ギークスジョブ)】

ITフリーランスの方のための『お役立ち情報』をご紹介しています。この情報のテーマはIT業界で最先端のGo案件が増加中[2022年]です。geechs job(ギークスジョブ)では、「フリーに生きる」ためのノウハウをご紹介し、ご希望のキャリアやライフプランを実現できるように、サポート致します!

シェア

スキルを収入上昇につなげよう

日本最大級のITフリーランス専門エージェント ギークスジョブ

無料登録はこちら
日本最大級のITフリーランス専門エージェント
平均年収

821 万円以上

日本最大級のITフリーランス専門エージェント
年間契約数

※2021年4月から 2022年3月末の実績

14,398 件

いきなりフリーランスとして活動するのは不安...という方へ

業界・専門知識の豊富なコーディネーターが、関東、関西、福岡で無料セミナーを実施しています

こんなお悩みはありませんか?

  • 自分のスキルでフリーランスになれるか不安
  • 安定した収入を得られるのか不安
  • 税金や保険などの手続きがどうなるのか知りたい

まずは、ギークスジョブの無料イベントに参加してみませんか?
まだ本格的に活動する予定がない方も、情報収集の手段として活用されています。
不安や小さな不明点を解消する場として、是非ご利用くださいませ。

イベント一覧を見る
上に戻る