フリーランスの職務経歴書の書き方~インフラ編~

フリーランスの職務経歴書の書き方~インフラ編~
更新日
2019 01/22 (火)
シェア
運用保守をメインで経験してきた方から、ネットワークやサーバーなど幅広く経験している方まで。本ページではgeechs jobフォーマットを参考に、インフラエンジニアの方を対象とした、より良い職務経歴書の書き方を伝授します!
OS、ミドルウェア、使用経験のある言語など、具体例もございます。

開発者向けのページはこちらデザイナー・クリエイター向けのページはこちら
経歴書をゼロから作成する場合は、下記フォーマットをご活用ください。

職務経歴書のダウンロードはこちら

書き方アドバイス<業務内容欄>

業務内容欄には、簡潔且つ分かりやすく、一目で理解できる記載をしましょう。
「金融業種向け基盤構築」、「通信業種向け基幹システムインフラ構築」など、どのジャンル/業種向けの、どういったシステムに付随する開発だったか、を伝えることで、クライアント担当者にイメージしてもらいやすくなります。

書き方アドバイス<環境、言語等欄>

特に注意して記載したい部分です。細かく記載しようと思えばキリがないのですが、「ハードウェア」「OS」「ミドルウェア」は必須で記載すべき内容です。

ハードウェアに関してはストレージやラックサーバーなど、ハードウェア製品の記載をしましょう。

OSの記載に関してはRHEL6.2などのようにバージョンを記載するのは勿論ですが、例えばLinuxの場合RedHat、CentOS、Debian、Ubuntu...など幅広いため、出来る限り「Linux」と一括りで記載するのではなく、細かく記載いただく事が重要となります。

ミドルウェアも同様に幅広いため、DB/AP/WEBサーバー、監視・バックアップツール クラスタ、その他OSSなどを記載しておくと良いでしょう。

インフラの場合、バージョンや製品名を細かく伝えていくことが重要です。その他PerlやShellなどでの簡単なスクリプト作成や、ツールの作成等もご経験されている方は、経験言語のご記入もお忘れなく。

担当者からのポイント解説

インフラ案件の中には「クラウド」や「負荷分散」というキーワードにヒットするものが増えていますので、これらの経験を積んでいる方は、あますことなく記載しましょう。
また、カバーできる領域の広さをアピールするため、OS以外にも、クラスタ、ストレージ、WEB/AP/DBサーバーなどの経験はしっかりと記載をしてください。

職務経歴書の書き方ひとつで、未経験分野に挑戦できる案件の受注に繋がるケースも多いです。内容を見直す事によってあなたのアピールポイントを見える化し、ご希望案件の受注率を高める施策を一緒に考えましょう。今一度、職務経歴書の見直してみてはいかがでしょうか?
シェア
日本最大級のITフリーランス専門エージェント
平均年収

780万円以上

日本最大級のITフリーランス専門エージェント
年間契約数

※2018年4月から
2019年3月の実績

10,179件

いきなりフリーランスとして活動するのは不安...という方へ

業界・専門知識の豊富なコーディネーターが、関東、関西、福岡で無料セミナーを実施しています

こんなお悩みはありませんか?

  • 自分のスキルでフリーランスになれるか不安
  • 安定した収入を得られるのか不安
  • 税金や保険などの手続きがどうなるのか知りたい

まずは、ギークスジョブの無料イベントに参加してみませんか?
まだ本格的に活動する予定がない方も、情報収集の手段として活用されています。
不安や小さな不明点を解消する場として、是非ご利用くださいませ。

イベント一覧を見る
上に戻る
geechs job

このブラウザは未対応です

当サービスは以下のブラウザでご覧いただくことを推奨しております。
また、より安全で快適にご利用いただくために
最新のバージョンでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨ブラウザ:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、safari

Google Chrome で閲覧する