リモートワーク・ご商談等のオンライン対応について

ギークスジョブの掲載案件はリモートワークでの参画がご相談可能です。
また、現在実施している個別説明会、各種イベント、顧客企業様との商談打ち合わせはオンラインでご対応いただけます。

作業効率化!本当に使えるMacのショートカットキー35選

作成日:2024/05/29 (水) TECH その他

作業効率化!本当に使えるMacのショートカットキー35選

毎日使うPCですが、ショートカットキーを知っているかどうかで作業の効率が大きく変わります。特にMacはウィンドウの閉じる/最小化/最大化ボタンが小さく、マウスやトラックパッドの操作にストレスを感じる方もいるのではないでしょうか。
ショートカットキーを覚えれば、キーボードのみで基本の操作が完結します。手の位置の移動が減ることで集中力の維持にもつながると言われ、メリットが沢山あります。
今回は、どんな作業でも日常的に利用する、便利なショートカットキーに絞ってご紹介します。「今までマウスで操作していた!」というものがあれば、ぜひ今日から使って効率化に役立ててください。

よく使うキーの説明

Macのショートカットキーでは、主に「Command(⌘)」「Control(⌃))」「Option(⌥)」「Shift(⇧)」の4つの修飾キーを使用します。
その中でも「Command(⌘)」キーはショートカット操作の基本となるキーです。まずは「Command(⌘)」を使ったショートカットキーを覚えましょう。その後、派生して「Option(⌥)」「Shift(⇧)」を同時に使うショートカット、「Command(⌘)」ではなく「Control(⌃))を使うショートカットを覚えるのがおすすめです。
また、フリーランスや副業をされている方の中には、現場に合わせMacとWindowsを使い分けるというケースも多いのではないでしょうか。
このような場合は、キーが異なるため混乱する方もいるかもしれません。しかし、Macのショートカットキーで最も使われる「Command(⌘)」はWindowsの「Control」で対応できることが多いです。その他にも、Windowsの「Alt」がMacの「Option(⌥)」に相当する機能をもっていたりと、対応するキーが分かると、効率良く覚えることができます。


さらに、Macではショートカットキーをカスタマイズすることもできます。
複数のPCを使い分けていて、キーボード配列の違いでタイプミスに困る場合や、キーの組み合わせが使いづらいと感じる場合は、カスタマイズすることもおすすめです。
Macはモデルによって、タッチバーの搭載の有無が異なったり、それまでキーボードの操作で対応できていた操作が買い替えによってできなくなるということも多いです。そのような場合には、ショートカットキーのカスタマイズがとても便利です。
ご自身の手に馴染んだ設定に調整しやすいこともMacを利用する利点の一つと言えるので、設定のカスタマイズはぜひ使いこなしていきましょう。


Macでアプリのキーボードショートカットを作成する

本当に使えるショートカットキー35選

では、実際に日頃の作業でよく使う便利なショートカットをご紹介します。
今回は、アプリに依存しない基本的な操作全般で使えるショートカットキーをまとめました。ここに挙げるショートカットキーは、基本的にどのアプリでも共通して利用できるキーです。ご自身がよく使うコードエディタやデザインツール、Office独自のショートカットキーなどを覚えると作業の効率が格段にアップするはずです。ぜひチートシートとして活用してください。

テキスト・ファイル・フォルダ・ページの操作

ショートカットキー 動作
Command(⌘)+ C コピー
Command(⌘)+ V 貼り付け
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ V 書式なしで貼り付け
Command(⌘)+ K リンクを挿入
Control(Ctrl)+ K 一文を一括削除
Control(Ctrl)+ A カーソル移動(文頭)
Control(Ctrl)+ E カーソル移動(文末)
Command(⌘)+ X 切り取り
Command(⌘)+ D ファイルを複製
Command(⌘)+ A すべて選択
Command(⌘)+ Z 戻す
Command(⌘)+ S 保存
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ S 名前をつけて保存
Command(⌘)+ R リロード
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ R 強制リロード(スーパーリロード)
Command(⌘)+ N 新規作成
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ N 新規フォルダを作成
Command(⌘)+ ↑(上矢印) 1つ上の階層のフォルダ/ページの先頭へ移動
Command(⌘)+ ↓(下矢印) 1つ下の階層のフォルダ/ページの先頭へ移動
Command(⌘)+[ 前のフォルダ/前のページへ戻る
Command(⌘)+ ] 次のフォルダ/次のページへ進む
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ G 「フォルダへ移動」ウィンドウを開く
Command(⌘)+ Shift(⇧)+.(ドット) 隠しファイルを表示する
Command(⌘)+ O ファイルを開く
Command(⌘)+ delete ゴミ箱に入れる

アプリ・ウィンドウの操作

ショートカットキー 動作
Command(⌘)+ Q 最前面のアプリを終了
Command(⌘)+ H 最前面のアプリを隠す
Command(⌘)+ W ウィンドウを閉じる
Command(⌘)+ tab アプリの切り替え
Command(⌘)+ ,(カンマ) 設定を開く

検索

ショートカットキー 動作
Command(⌘)+ F 検索
Command(⌘)+ space Spotlight検索

スクリーンショット

ショートカットキー 動作
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ 3 スクリーンショット(画面全体)
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ 4 スクリーンショット(選択範囲)
Command(⌘)+ Shift(⇧)+ 5 スクリーンショットアプリを起動

ITフリーランスとしてキャリアアップを目指すならギークスジョブへ

現場での作業では、様々な場面で他のエンジニアの手元の操作を目にすることが多くあります。またリモート環境であっても、最近では画面共有を活用することも多くあるでしょう。そういった場面では、手元は見えなくても画面に映る操作から、キーボードやマウスの扱いは意外と見られているものです。
ITフリーランスは、まず安定的な稼働をするためには実績やスキルが重視されますが、日々の評価には、実際の作業効率も影響します。ショートカットキーを利用した作業の効率化で生産性があがったり、画面やアプリの切り替えがスムーズだったりするだけでも、印象はガラッと変わるものです。ぜひ活用して、スキル・キャリアアップにつなげてください。


ギークスジョブでは、業界最大級のITフリーランス専門エージェントとして、みなさんの理想の働き方を実現するお手伝いを行っています。キャリアアップにつながる仕事内容を求めている方、より好条件の案件を探している方は、まずは無料登録をお待ちしております。理想の働き方が実現できるよう、案件探しから丁寧にサポートいたします。


▽ 無料登録(エントリー)はこちら
https://geechs-job.com/entry


まだフリーランスになることに迷いがある方へは、独立のご相談から承ります。これまでのご経歴やキャリアの目標をお伺いしながら、お一人おひとりに寄り添ったキャリアプランのご提案をいたします。


▽ 独立相談会への無料エントリーはこちら
東京:https://geechs-job.com/event/details/1
大阪:https://geechs-job.com/event/details/2
福岡:https://geechs-job.com/event/details/3
名古屋:https://geechs-job.com/event/details/189

その他のおすすめ記事

いまさら聞けない「ITフリーランスの立ち居振る舞い」|ITフリーランスをサポートするギークスジョブ

ITフリーランスの方のための『お役立ち情報』をご紹介しています。この情報のテーマはいまさら聞けない「ITフリーランスの立ち居振る舞い」です。geechs job(ギークスジョブ)では、「フリーに生きる」ためのノウハウをご紹介し、ご希望のキャリアやライフプランを実現できるように、サポート致します!

ITフリーランスの案件探しならgeechs job

IT業界・企業情報の専門知識を持ったコーディネーターが、あなたに合う案件をご紹介。
ITエンジニアとしてのキャリアに弾みを付けませんか?

  • ・独立して新しいキャリアを築きたい
  • ・スキルを磨いて、更なる高みを目指したい
  • ・今よりも高い報酬を

ITフリーランスエージェントのgeechs jobが、あなたの未来に向けて伴走します。

シェア

いきなりフリーランスとして活動するのは不安...という方へ

業界・専門知識の豊富なコーディネーターが、関東、関西、福岡で無料セミナーを実施しています

こんなお悩みはありませんか?

  • 自分のスキルでフリーランスになれるか不安
  • 安定した収入を得られるのか不安
  • 税金や保険などの手続きがどうなるのか知りたい

まずは、ギークスジョブの無料イベントに参加してみませんか?
まだ本格的に活動する予定がない方も、情報収集の手段として活用されています。
不安や小さな不明点を解消する場として、是非ご利用くださいませ。

イベント一覧を見る
上に戻る