リモートワーク・ご商談等のオンライン対応について

ギークスジョブの掲載案件はリモートワークでの参画がご相談可能です。
また、現在実施している個別説明会、各種イベント、顧客企業様との商談打ち合わせはオンラインでご対応いただけます。

ITエンジニアなら取っておきたい、持っていると有利な資格

作成日:2020/09/24(木) 最終更新日:2024/04/23(火) 営業/キャリア

この記事は公開から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

ITエンジニアなら取っておきたい、持っていると有利な資格

ITエンジニアは一般的には経験やスキルで評価されることが多いですが、実際には現場や担当業務によってのスキル格差もあり、実力を客観的に証明することが難しい職種です。仕事探しにおいては、個人のスキルを把握するため、資格の保有がポジティブな評価につながることもあります。
この記事では転職や案件獲得、キャリアアップで有利となるITエンジニアが持っておくべき資格をご紹介します。自己研鑽も兼ねた資格取得は、キャリアを積む上で大切な一歩です。ITエンジニアとして活躍し続けるために、有利な資格取得を目指しましょう。

IT資格はどんなものがあるのか?

ITエンジニアと言っても、職種や専門分野によって必要となるスキルは変わります。ご自身の目指すキャリアに役に立つ資格・知識を調べることから始めましょう。まずは、ITエンジニア向けの代表的な資格を国家資格・ベンダー資格に分けてご紹介します。

ITエンジニア向けの国家資格
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主催するITエンジニア向けの国家資格をご紹介します。
難易度(スキルレベル)や専門分野に応じた資格の取得ができ、キャリアアップにつながる信頼性も高い資格です。

資格名 概要
基本情報技術者(FE) キャリアをスタートするITエンジニア向け。基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を有することで応用力の幅を広げたい方。
応用情報技術者(AP) 技術から管理、経営まで、幅広い知識と応用力を身に着け、ワンランク上のITエンジニアを目指す方。
ITストラテジスト(ST) IT戦略の策定や、ITを高度に活用しビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方。
基本情報技術者(FE) キャリアをスタートするITエンジニア向け。基本的な知識・技能をもち、実践的な活用能力を有することで応用力の幅を広げたい方。
システムアーキテクト(SA) システム開発の上流工程を主導する上級エンジニアを目指す方。
プロジェクトマネージャ(PM) プロジェクトマネージャーを目指す方。
ネットワークスペシャリスト(NW) ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアを目指す方。
データベーススペシャリスト(DB) データ分析基盤を提供するデータベース管理者やインフラ系エンジニアを目指す方。
エンベデッドシステムスペシャリスト(ES) 組込み・IoT系のフルスタックエンジニアを目指す方。
システム監査技術者試験(AU) リスク分析、検証・評価する監査人や情報システム責任者などを目指す方。
情報処理安全確保支援士(SC) サイバーセキュリティリスクを分析・評価するセキュリティエンジニアや技術・管理の両面から有効な対策を助言・提案するセキュリティコンサルタントを目指す方。

ITエンジニア向けの民間資格(ベンダー・ベンダーニュートラル資格)
実務に活かしやすい専門的な知識が必要となるため、即戦力としてのアピールに有効です。数年単位での更新が必要なものが多いですが、国家資格と比較して試験の実施頻度が多く、取得し易い資格も多いです。

資格名 概要
AWS認定資格 AWSの専門知識やスキルを認定する資格。トップシェアを誇るクラウドサービスを扱える人材の需要は高い。
G検定・E資格 一般社団法人日本ディープラーニング協会が実施する試験。ディープラーニングの知識を有し、事業活用する人材(ジェネラリスト)向けにはG検定、実装する人材(エンジニア)向けにE資格が用意されている。
ORACLE MASTER 「Oracle Database」に関する技術を認定する資格。ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの4つのレベルに分かれているが、シルバー以上は世界基準とも言われている。
Cisco技術者認定試験 Cisco Systemsが主催するネットワークのスキルを証明する資格。5つのレベルに分かれていて、各分野の技術力の証明につながる。
Linux技術者認定(LinuC) クラウド/DX時代のITエンジニアに求められるシステム構築から運用管理に必要なスキルを証明できる技術者認定資格。

取得すると有利な資格5選

このようにITエンジニアは職種に合わせて様々な資格があります。その中でも実務経験を持つエンジニアがスキル・キャリアアップにつなげやすい資格をご紹介します。

1. ワンランク上のITエンジニアを目指すなら「応用情報技術者」
ITエンジニアとしてのスキルアップを目指すなら、まずは「応用情報技術者」がお勧めです。
幅広い知識と応用力が求められるため、国家資格の難易度は4段階中のレベル3と高めで、合格率は25%前後です。確かな知識が必要となるため資格の信頼度も高く、エンジニアのどの職種にも役立つ資格です。
エンジニアの資格ランキングなどでも「実務に役に立った」「キャリアアップにつながった」と上位を獲得している人気資格です。

2.インフラエンジニアなら「ネットワークスペシャリスト(NW)」
ネットワーク分野の幅広い専門知識が必要となる資格で、合格率は約15%と難易度は高い資格です。ネットワークエンジニアやインフラ系エンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、有効期限がない国家資格は、その先でも大いに役に立つ資格となるはずです。
決して簡単に取得できる資格ではありませんが、キャリアパスが明確になっている場合は、専門分野の国家資格取得を目指すと良いでしょう。

3.情報系国家資格初の登録制士業「情報処理安全確保支援士」
情報セキュリティスペシャリスト試験の後継の資格として、「登録セキスペ」とも呼ばれる2017年から試験が開始された比較的新しい資格です。難易度や維持コストの割に企業の認知度が低い、独占業務がないといった理由から、評価されにくいのではという声も聞かれる資格です。
しかし、試験を開始した2017年以来5年ぶりに「取得したいIT資格(2023)」1位*¹となりました。今後ますますDX化が進む社会においては、セキュリティ関連の専門性の高さの需要は増す一方と予想されます。エンジニア経験・知識を活かしたキャリアアップにつなげることができる資格と言えるのではないでしょうか。

4. 実務経験を活かした資格取得なら「AWS認定試験」
現場での実務経験を活かした資格取得や、即戦力となることをアピールできる資格取得を目指すなら、世界最大規模のクラウドプラットフォーム「AWS」の認定資格の取得もおすすめです。職種や知識レベルに合わせて、13種類*²の試験に分かれています。
基本的には実務経験を持つ人が対象となっているため、実務経験の証明にも有効です。資格には有効期限がありますが、経験に応じて難易度を上げながら再取得することで、知識のアップデートやキャリアップにもつながる資格です。
AWSに限らず、GCP、Azureでもそれぞれ認定資格が用意されているので、現場や実務経験に合わせて取得すると良いでしょう。

5. AIエンジニアを目指すなら「E資格」
今注目の集まるAIエンジニアを目指すなら「E資格」の取得がおすすめです。
E資格は一般社団法人日本ディープラーニング協会が主催するAIエンジニア向けの資格で、ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有しているかを認定するものです。
まだ実務経験を持つ人が少ないAIエンジニアですが、E資格を取得することは実装力の証明にも有効です。これからAIエンジニアを目指す人はG検定、E資格と段階を踏んで資格取得を進めることも夢の実現に近づく第一歩となるのではないでしょうか。



▼参考:*¹日経X-TECH 「取得したいIT資格」
*²2024年3月時点

エンジニアにとって資格はどれだけ必要か?

では、キャリアアップを目指すエンジニアにとって、これらの資格は今後どの程度必要なのでしょうか?
実際のところ、エンジニアの場合、やはり最も重要視されるのは資格よりも「実務経験」です。資格はその技術について勉強したことを証明するものであり、実際エンジニアが資格取得する理由も、「実務上必要なスキルを磨くため」といった理由が多いのも事実です。初心者の場合は基礎的な資格で知識を補いながら、実務経験を積むことを優先しつつキャリアアップを図っていくというのが定石のようです。
ただし、AWSを使用する案件では、一定レベル以上の難度の資格保有者を歓迎条件として明示するところもありますので、うまく利用すれば資格取得が大いに役に立つこともあります。自分が進みたい道とスキルを照らし合わせて、資格取得の道のりを考えてみてください。

ITフリーランスをご検討中の方はギークスジョブへご相談ください

フリーランスを初めて検討される方はもちろん、現在フリーランスとしての今後に不安を感じている方、今よりもっと充実したフリーランス生活を楽しみたい方は、ぜひお気軽に相談ください。ITフリーランス専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでサポートいたします。
▽ 無料登録(エントリー)はこちら
https://geechs-job.com/entry



まだフリーランスになることに迷いがある方へは、独立のご相談から承ります。これまでのご経歴やキャリアの目標をお伺いしながら、お一人おひとりに寄り添ったキャリアプランのご提案をいたします。
▽ 独立相談会への無料エントリーはこちら
東京:https://geechs-job.com/event/details/1
大阪:https://geechs-job.com/event/details/2
福岡:https://geechs-job.com/event/details/3
名古屋:https://geechs-job.com/event/details/189

その他のおすすめ記事

営業を有利にする、フリーランスエンジニアのポートフォリオ作成術|ITフリーランスをサポートするギークスジョブ

ITフリーランスの方のための『お役立ち情報』をご紹介しています。この情報のテーマは営業を有利にする、フリーランスエンジニアのポートフォリオ作成術です。geechs job(ギークスジョブ)では、「フリーに生きる」ためのノウハウをご紹介し、ご希望のキャリアやライフプランを実現できるように、サポート致します!

ITフリーランスの案件探しならgeechs job

IT業界・企業情報の専門知識を持ったコーディネーターが、あなたに合う案件をご紹介。
ITエンジニアとしてのキャリアに弾みを付けませんか?

  • ・独立して新しいキャリアを築きたい
  • ・スキルを磨いて、更なる高みを目指したい
  • ・今よりも高い報酬を

ITフリーランスエージェントのgeechs jobが、あなたの未来に向けて伴走します。

シェア

いきなりフリーランスとして活動するのは不安...という方へ

業界・専門知識の豊富なコーディネーターが、関東、関西、福岡で無料セミナーを実施しています

こんなお悩みはありませんか?

  • 自分のスキルでフリーランスになれるか不安
  • 安定した収入を得られるのか不安
  • 税金や保険などの手続きがどうなるのか知りたい

まずは、ギークスジョブの無料イベントに参加してみませんか?
まだ本格的に活動する予定がない方も、情報収集の手段として活用されています。
不安や小さな不明点を解消する場として、是非ご利用くださいませ。

イベント一覧を見る
上に戻る