フリーランスになると年収が上がるという話は本当か?

フリーランスになると年収が上がるという話は本当か?
更新日
2019 01/22 (火)
シェア
どの職業でもそうですが、なかなか他人の年収は聞く事が出来ませんよね。
正社員や契約社員などの被雇用者からフリーランスに転身した方からは、「年収が上がった!」とは声を聞くものの、実際のところはどうなのでしょうか。

geechs jobを利用して活躍するフリーランスの方々に取材を行い、フリーランスになった理由や、フリーランスになった後の実際の年収額など、赤裸々に答えていただきました。

WEBエンジニア 年収480万円⇒年収800万円

WEBエンジニア Hさん(30歳・男性)
略歴 4年制大学を卒業後、大手SI系企業に就職。3年前に独立し、エンジニアとしては8年目。

経験スキル PHP、Perl、C、Objective-C

正社員時代には大規模プロジェクトを任されるなど、貴重な経験をする事が出来ましたが「もっと様々なプロジェクトで経験値を積んでいきたい」と思い、退職しフリーランスになる事を決意しました。

独立当初の報酬は~50万円前後と、正社員時代に比べるとやや高いぐらいの印象でしたが、経験値と顧客からの評価を高め、最近では65万円前後、多い時には70万円程の報酬をいただくようになりました。

現在はスマートフォンアプリの開発も独学で勉強し、スキルの幅を広げようと日々努力しています。
WEBエンジニア 年収480万円⇒年収800万円

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円

WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

経験スキル Java、C#、JavaScript など

正社員時代はいわゆる「デスマーチ」案件に携わる事が多く、終電での帰宅や休日作業も多々経験してきました。当時は目の前にある仕事をがむしゃらにこなしていた為、給与面はあまり気にしていなかったのですが、数々の現場でお会いするフリーランスの方の話を聞くうちに次第に興味が湧いてきました。

「Mさんなら絶対フリーランスになったほうがいいよ。」という、現場で知り合った尊敬するフリーランスの方からの後押しもあり、独立を決意しました。勢いで独立した経緯もあり、「仕事が途切れてしまったらどうしよう」など、後々不安になる事も多かったのですが、今では継続的に発注をいただき、仕事も途切れる事なく、且つ年収も上がったので大変満足しています。
WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円

インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円

インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)
略歴 4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。

経験スキル Linux、Cisco、AWS など

長く同じ企業で勤めていると役職がつき、エンジニアとしての業務以外にマネジメントや外部との調整業務などを行う割合が増えてしまいました。年収は少しずつ上がってはいたのですが、「エンジニアとして現場で活躍したい」と思う気持ちが高まっていました。
また、外注管理も任されていた為、フリーランスの方々がどれほどの年収があるのか、ある程度想像できていました。そこで、自分へのチャレンジの意味も込めてフリーランスになる事を決意しました。

独立してからは、自分のやりたい案件を選ぶ事ができ、スキルアップを目指す事に集中できています。様々な技術セミナーや勉強会に参加したり、時には自ら勉強会を主催し登壇する事もあります。こういった活動で得た知識や経験を仕事に活かすことで、自分の力で年収を上げているという確かな自覚を持っています。実際に、独立当初の報酬は月額55万円前後でしたが、現在では75万円前後で受注ができています。
インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円

アプリ開発エンジニア 年収400万円⇒年収500万円

アプリ開発エンジニア Sさん(33歳・男性)
略歴 4年制大学を卒業後、モバイルコンテンツ企業に就職。2年前に独立し、エンジニアとしては5年目。文系出身という事もあり、WEBディレクターとしてのキャリアスタート。自らも開発作業を手伝ううちに、ものづくりに興味を惹かれスマホアプリ開発エンジニアとなった。

経験スキル Objective-C, Swift, Android-java、HTML

30歳を節目に働き方を見直す事がありました。今までは会社から与えられたプロジェクトを成功させるため無我夢中で働いてきましたが、これからは趣味や家族との時間も大切にしたいと考えるようになりました。そこで、時間に自由のあるフリーランスになる事を決意しました。

フリーランスになってからは長期休暇を取りやすくなり、海外旅行に行ったり技術学習をしたり、有意義な時間を過ごしています。昨年は半年に1ヶ月ペースで休暇をとりましたが、年収は正社員時代より100万円アップしています。でもその反面、次の仕事があるのか心配にもなるので、顧客との信頼関係構築や技術のキャッチアップは積極的に行っています。
アプリ開発エンジニア 年収400万円⇒年収500万円

フリーランスとしての報酬を上げるためには

報酬を上げる為の手段が、人それぞれ異なるフリーランス業界。正社員時代に比べ、年収が2倍近くになった人もいれば、微増程度に留まっている方もいらっしゃいます。

共通して言えることは、「自身の努力次第で報酬は上がる」という事です。市場やクライアントが求めているニーズに対して、どこまで技術力を提供でき、技術力で返せるかが常に求められています。上手にエージェントを活用し助言を貰いながら、フリーランスとしての市場価値を高める事が大事です。

ギークスジョブからアドバイスや案件紹介をうけたい場合は、無料エントリーを行ってください。
非公開案件を含め、あなたのスキルや魅力を最大限に発揮し報酬アップにつながる案件のご紹介をしています。


あなたにおすすめの記事
独立する際、ITフリーランスが加入できる健康保険まとめ開業届って何?フリーランスになるときに必要な手続き、届け出まとめ法人化はお得?個人事業主の法人成りのメリット・デメリットまとめ
フリーランスとしての報酬を上げるためには
シェア
日本最大級のITフリーランス専門エージェント
平均年収

780万円以上

日本最大級のITフリーランス専門エージェント
年間契約数

※2018年4月から
2019年3月の実績

10,179件

いきなりフリーランスとして活動するのは不安...という方へ

業界・専門知識の豊富なコーディネーターが、関東、関西、福岡で無料セミナーを実施しています

こんなお悩みはありませんか?

  • 自分のスキルでフリーランスになれるか不安
  • 安定した収入を得られるのか不安
  • 税金や保険などの手続きがどうなるのか知りたい

まずは、ギークスジョブの無料イベントに参加してみませんか?
まだ本格的に活動する予定がない方も、情報収集の手段として活用されています。
不安や小さな不明点を解消する場として、是非ご利用くださいませ。

イベント一覧を見る
上に戻る
geechs job

このブラウザは未対応です

当サービスは以下のブラウザでご覧いただくことを推奨しております。
また、より安全で快適にご利用いただくために
最新のバージョンでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨ブラウザ:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、safari

Google Chrome で閲覧する