ギークスジョブでは、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、現在実施している【個別説明会】【各種イベント・セミナー】【顧客企業様との商談打ち合わせ】について、一部を除き、オンライン対応を推奨させていただきます。
ユーザーの皆様、顧客企業様、当社社員の安全確保と、安定したサービスを継続的に提供させていただきたく、ご不便をおかけいたしますが、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

「Xamarin」の始め方 ~ C#を用いてiOSとAndroidのアプリケーションを開発する

2020/09/24 (木) TECH

「Xamarin」の始め方 ~ C#を用いてiOSとAndroidのアプリケーションを開発する

現在リリースされているスマートフォン用の一般向けアプリケーションはiOS、Androidのマルチプラットフォームに対応していることが前提となっています。
しかし、どちらも相互のソースコードに互換性はなく、開発環境・プログラミング言語も全く違うものです。
デベロッパーにとっては、このクロスプラットフォーム化自体が、多少骨の折れる作業となっていることは否めません。


そのような開発上の悩みを解決してくれるであろう存在が「Xamarin」となります。
今回は、これまでとは大きくコンセプトが異なるクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」の概要や始め方についてご紹介していきます。

Xamarinとは?

「Xamarin(ザマリン)」とは、MicrosoftからVisual Studioの一部として提供されているiOSアプリケーション、そしてAndroidアプリケーションの開発環境です。
Windows版はもちろん、macOS版もリリースされています。

これまでもiOS・Androidのアプリケーションを開発できるクロスプラットフォーム開発環境は存在しましたが、多くが【HTML+CSS+JavaScript】を用いたものでした。
けれど、JavaScriptの実行速度に対して懸念を抱いている開発者は少なくはなく、アプリ開発とは別のナレッジやメソッドが必要になることもあり、開発者にとっては悩みの種だったのです。

Xamarinはそうした従来のクロスプラットフォーム開発環境とは大きく異なるコンセプトとなっています。
簡単に言ってしまえばネイティブアプリ開発のスキルが活かせるように、プログラミング言語がC#に置き換わっているのです。
クロスプラットフォーム開発のハードルを、大幅に下げてくれた存在といえるでしょう。

Portable Class Libraryによる開発

Portable Class Libraryによる開発の画像

Xamarinは、.NET Frameworkの技術を用いているクロスプラットフォーム環境が特徴の一つです。
これにより、1つの開発環境でiOSとAndroidの開発が可能ということです。


しかし、厳密には1つの開発環境でiOSとAndroidを補えるわけではりありません。
iOSとAndroidでそれぞれ別々の開発環境が存在し、固有部分と共通部分が切り分けれています。
その状態で.NET Frameworkの持つポータブルクラスライブラリ(PCL)の機能により、
それぞれプラットフォームをまたいでの開発が実現できるようになりました。
そのため、「Xamarin.iOS」「Xamarin.Android」とわかりやすく区別されている場合もあります。

Xamarinのインストール手順

Xamarinのインストール手順の画像

Xamarinのインストールは、非常に簡単です。Windowsにおけるインストール手順は、以下のようなものです。

Xamarinのインストール手順の画像

1.Xamarinのホームページにアクセスし、ページ中央部にある「Download Xamarin」をクリックします

Xamarinのインストール手順の画像

2.情報入力フォーム画面に遷移するので、「Full name」「Email」「Company」を入力
3.「I already have Visual Studio installed(Visual Studioを既にインストールしている)」という選択タブがあるので、状況に応じて「Yes」「No」から選択
4.「I agree to the Terms of Use and Privacy Statement」のチェックボックスに、規約に同意した上でチェックを入れる
5.「Download Now」をクリック

後はダウンロードされる「XamarinInstaller.exe」を実行するだけです。
手順は非常に簡単なものの、インストールの完了までは多少時間がかかるので、気長に待ちましょう。
また、Mac版も同様の手順で「or download Xamarin Studio for OS X」のリンクからダウンロードできます。
参考URL:Xamarinのホームページ

次にサンプルアプリケーションを実行

次にサンプルアプリケーションを実行の画像

インストールが完了したら、まずはサンプルアプリケーションを実行してみましょう。
オフィシャルホームページには実行方法が記載されていますが、多少分かりづらいかもしれません。
実行手順について以下に簡単にまとめておきます。

1.「Download Tasky」でサンプルアプリをダウンロードし、任意の場所に解凍
2.Xamarinを起動
3.「ファイル」→「開く」と選択し「TaskyAndroid_Starter.sln」を選択
4.左上に表示されている再生ボタンをクリック
5.「Select Device」のウィンドウでエミュレータを選択
6.「Start Emulator」をクリック
7.エミュレータが起動したのを確認し、「Select Device」のウィンドウで選択したデバイスが起動していたら「OK」をクリック

ロックの解除後、サンプルアプリの画面が表示されます。

Xamarinを利用して生産性の高いアプリ開発を

.NETをフレームワークとしていることや、C#を言語としていること、また、iOS・Androidでソースを分けていることなどから、これまで以上の生産性の向上が期待できるXamarin。

スキルアップへ向けても早い段階で使い方を身につけておくと、今後の開発が大幅に楽になるかもしれません。
また、クロスプラットフォーム開発を行う方にとってはマストなツールとなる可能性があるでしょう。

シェア

スキルを収入上昇につなげよう

日本最大級のITフリーランス専門エージェント ギークスジョブ

無料登録はこちら
日本最大級のITフリーランス専門エージェント
平均年収

840万円以上

日本最大級のITフリーランス専門エージェント
年間契約数

※2019年4月から
2020年3月の実績

11,606件

いきなりフリーランスとして活動するのは不安...という方へ

業界・専門知識の豊富なコーディネーターが、関東、関西、福岡で無料セミナーを実施しています

こんなお悩みはありませんか?

  • 自分のスキルでフリーランスになれるか不安
  • 安定した収入を得られるのか不安
  • 税金や保険などの手続きがどうなるのか知りたい

まずは、ギークスジョブの無料イベントに参加してみませんか?
まだ本格的に活動する予定がない方も、情報収集の手段として活用されています。
不安や小さな不明点を解消する場として、是非ご利用くださいませ。

イベント一覧を見る
上に戻る
geechs job

このブラウザは未対応です

当サービスは以下のブラウザでご覧いただくことを推奨しております。
また、より安全で快適にご利用いただくために
最新のバージョンでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨ブラウザ:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、safari

Google Chrome で閲覧する