ギークスジョブでは、新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、現在実施している【個別説明会】【各種イベント・セミナー】【顧客企業様との商談打ち合わせ】について、一部を除き、オンライン対応を推奨させていただきます。
ユーザーの皆様、顧客企業様、当社社員の安全確保と、安定したサービスを継続的に提供させていただきたく、ご不便をおかけいたしますが、ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

Android の求人・案件の傾向について

案件について

Androidの案件は、日常で使用する便利アプリやエンタメ系アプリ、ゲームなど、ネイティブアプリ開発での需要が最も大きく、扱われている業界は多岐にわたります。
業界が幅広いため案件数も多く、スマホエンジニアとして比較されることの多いiOSエンジニアと同様に、報酬額も比較的高くなる傾向にあります。さらに、世界的に見ればiOSよりもAndroidのシェア率が高いため、Androidエンジニアの需要もiOSより大きくなっています。
Androidの開発言語としては、「AndroidJava」と「Kotlin」がメインとなります。基本的にAndroidJavaでの開発が多いですが、2017年にはGoogle公認のAndroid正式言語としてKotlinが採用され、今後はKotlinの案件が大幅に増えていくことも予想されます。
実際に「JavaからKotlinのリニューアル」や「Javaを使ったサーバーサイド開発におけるKotlinへの書き換え」といった案件も出てきています。

業界分布図

  • ゲーム / エンタメ系
  • EC / toC向けサービス
  • 社内向けシステム
  • 金融系
  • メーカー系
  • 広告系
  • その他
                    
fun main(args: Array) {
    println("Hello, world!")
}
                    
                

Android(Kotlin)のサンプルコード

Androidとは

AndroidはGoogle社によって開発され、スマートフォンやタブレットなどの携帯情報端末をメインターゲットとしているプラットフォームです。
世界中の人が無料で使えるオープンソースOSとして人気を集めており、メーカーごとに導入しているOSのバージョンは異なるものの、スマートフォン用のOSとしては世界シェア1位となっています。
Androidの開発言語としては主に「AndroidJava」、「Kotlin」の2つが挙げられます。

AndroidJava

Android用のネイティブアプリを開発するメイン言語です。Androidの開発言語といえばkotlinも有名ですが、ライブラリやSDKの整備などが必要な場合が多く企業としては膨大なコストがかかるため、当面はAndroidJavaでの開発がメインとなりそうです。近年、開発体制が若い企業やベンチャー企業では開発言語をKotlinへと徐々にシフトしているケースも見受けられますが、主力はまだAndroidJavaという現状です。

Kotlin

2016年2月に初代の公式バージョン1.0がリリースされ、2017年5月にはGoogleから公式にサポートされました。サイバーエージェント、Retty、クックパッド、ヤフー、Sansanなどの大手企業でも導入されています。
OSに依存することなくJava仮想マシン上で動き、かつJavaよりも簡潔・安全に書けるよう工夫がされているため、注目を集めている開発言語です。Javaとの100%の互換性を持ち、かつコードが簡潔に書けるようモダンな言語仕様を多く取り入れているため、今後「Androidの開発言語=Kotlin」という市場が出来上がっていくかもしれません。

geechs jobに登録する

案件一覧

検索条件 Android

検索結果 141

上に戻る
geechs job

このブラウザは未対応です

当サービスは以下のブラウザでご覧いただくことを推奨しております。
また、より安全で快適にご利用いただくために
最新のバージョンでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨ブラウザ:Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge、safari

Google Chrome で閲覧する